年頭のご挨拶

平成三十年 元旦 豊国丸船長 川島誠一

トップページへもお越しください

ご挨拶


 明けましておめでとうございます

 昨年中は豊国丸ご来訪、並びにホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございました。

 昨年は年回りが閏年と4年に一回の周期でした。一年を振り返ると、春から水温が低くなることが多く、特に前半は苦戦いたしました。

 1月〜、タイ〜タチウオ〜イワシメバル〜イカの泳がせに挑みましたが、まとまった釣果は得られにくく、伸び悩みました。

 3月から本格的にシャクリマダイが始まりましたが、4月に入り、徐々に釣果は伸びてきました。

 続いて、5月に入り、サンスポフィッシングチャレンジにて先着100名で競う釣り大会を開催いたしました。反響も多く、沢山の方にご参加頂きましたが、思った以上に水温が低く、釣果としては苦戦をしいられました。大会の結果としては、名人の一人、目黒区の柳橋勲さんが3.75sで優勝されました。さすがのひと言です。

 6月から浅場でのあたりが多くなりました。しかし、釣り人の皆さんを拝見していと、浅場での尻手の出し入れが課題ではないかと思われますので、今年のテーマになると思います。

 秋にかけて釣果は伸びては参りましたが、昨年と同様、年末にかけては、今一つ伸びなかったです。
 
 今年の年間シャクリ釣り部門ランキングは市原市、鈴木康行さんが、6月17日に6.5sをゲットされ、見事、初優勝となりました。おめでとうございます。
 一つテンヤ部門年間ランキングは、流山市の矢口和徳さんが、9月11日に4.7sをゲットされ、初優勝となっております。こちらも、おめでとうございます。


 昨年、水温が低かったせいかと思われますが、釣果の中に、タチウオ、ハタ、アマダイ、マダイの小型のものが多く見られました。これは毎年の産卵が続いているなか、水温が低迷した結果、産み落とされた卵が外道に食べられずに、やり過ごせたからではないかと思っています。このまま、大きく育ってくれることを期待したいです。

 日ごろは、私どもの活動にご理解を頂き、真鯛の放流募金へのご協力頂き、心から感謝いたします。

 年々、環境の変化のためか、全国で大きな災害が発生しています。今年こそ、皆さんにとって穏やかで、実りのある、楽しい一年になりますよう、心からお祈りしています。

 平成三十年元旦
                     豊国丸船長
船長語録

トップページへ