年頭のご挨拶

平成三十一年 元旦 豊国丸船長 川島誠一

トップページへもお越しください

ご挨拶


 明けましておめでとうございます

 昨年中は豊国丸ご来訪、並びにホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございました。

 昨年一年を振り返ってみたいと思います。
 1月からタイを中心に、2月へタチウオ狙い イワシメバルに挑みましたが、釣果の良かったのは、イワシメバルかと思います。
 3月へシャクリ釣りスタートしましたが、スライドのように4月へと上向いてきましたが後半水温が下がってしまいました。

 昨年は通常の年回りから水温は平年並みになると思っていましたが、春から黒潮が蛇行して沖合を通過し、東京湾内へ黒潮が入らずに、水温を上げることができなかったようです。乗っ込みが昨年共に苦戦となりました。
 続いて、5月に入り、サンスポフィッシングチャレンジにて先着100名で競う釣り大会を開催いたしました。反響も多く、沢山の方にご参加頂きましたが、思った以上に水温が低く、この時期、過去に例がないほど、型物を見ることが無く、苦戦をしいられました。大会の結果としては 山辺一成氏 3.15キロで優勝されました。

 6月から水温も少しずつ上がり、浅場でのあたりが多く、8月、9月へ入り、釣果は予想以上で、数も型も抜群で、水深も15ヒロ前後と浅く 春乗っ込みの時の苦戦を取り返すべく、秋は大勝利でした。この好調は、12月へと続き、これまた過去に無い釣果ではなかったでしようか。

 昨年の課題でもあった、ハリス切れに対しての取り組みは、秋にしては、型が良すぎたことに加え、浅場のため糸全体の長さが短く、これまた、過去にない位、、切れやすかったものと思います。逃した魚は多きいとは言いますが、切られなかったらランキング内容も大きく変わっていたかと思います

 ランキングに目をやりますが、今年の年間シャクリ釣り部門ランキングは柏市の横山透氏が7月10日マダイ6.0キロをゲットされ、初優勝となりました。おめでとうございます。
 一つテンヤ部門年間ランキングは、千葉市の立川克美氏が10月4日4.4キロゲットされ、初優勝となっております。こちらも、おめでとうございます。


 日ごろは、私どもの活動にご理解を頂き、真鯛の放流募金へのご協力頂き、心から感謝いたします。

 年を追うごとに、環境の変化のためか、全国で大きな災害が発生しています。今年こそ、皆さんにとって笑顔が多く、穏やかで、実りのある、一年になりますよう、心からお祈りしています。

 平成三十一年 元旦
                 豊国丸船長
船長語録

トップページへ